よくある疾患から選ぶ

よくある疾患から選ぶ

アトピー性皮膚炎

近年では皮膚のバリア機能が低下しアレルギーになりやすい体質となり発症すると言われてます。その為アトピーの患者さんの治療では湿疹の治療と供に日常生活でのスキンケアが非常に大事となります。
外来では外用薬を使用するうえでの注意点・皮膚を良い状態に保つ為の日常生活のポイント・症状の今後の見通しを中心にオリジナルのパンフレットを用いてお話させて頂きます。薬を塗っている時は良いがやめると症状が再燃してしまう方・治療の見通しがたっていない方などは御相談下さい。
アトピー性皮膚炎はしっかりとした検査と適切な治療を行えば完治とはいきませんが良い状態を維持できる疾患です。

詳細に関してはアトピー性皮膚炎のページをご覧下さい。

帯状疱疹

突然にお腹や胸、大腿部が何となく痛痒くなり数日後同部位の皮膚に赤いぶつぶつが島状に出現する-----帯状疱疹はこんな症状で始まります。水疱瘡と同じウィルスによって引き起こされるこの疾患は主に高齢者に見られる疾患ですが稀に小学生でも発症します。帯状疱疹は適切な治療を受ければ普通は1ヶ月以内によくなる疾患です。

※当院の皮膚科は院長がペインクリニック学会専門医ということもあり帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛の治療を積極的に行っております。

詳細に関しては帯状疱疹のページをご覧下さい。

粉瘤

粉瘤とは皮膚の内側に袋が形成されその中に垢(あか)や膿が溜まってしまう疾患で押し出すと内容物の一部が漏れ出ることもあります。初めは米粒大のしこりがあり時間の経過と供に徐々にサイズが大きくなるのが一般的です。また粉瘤に細菌感染が合併すると炎症性粉瘤という赤く腫れあがった状態になりこの時点では通常痛みや不快な匂いを伴います。いずれの場合にも根治には角質や膿を袋ごと摘出する必要があります(袋を取り出さない限り時が経過すると再び内容物が袋内に溜まり粉瘤が形成されてしまいます)。
当院では大部分の症例に対して鍵穴手術法(くりぬき法)で対応しています。

詳細に関しては粉瘤のページをご覧下さい。

手湿疹

一言に「手湿疹」といっても実は原因別にいくつか種類があります。日常診療でしばしば遭遇するものとしては①普通の手荒れ ②異汗性湿疹 ③アレルギー性の手荒れ ④手白癬があげられます。
ハンドクリームを使用すれば治る程度でしたら「普通の手荒れ」と考えて良いかもしれませんがなかなか治らないものの中には「アレルギー性の手荒れ」や「手の水虫」が隠れていることがあります。
日常生活上で手が荒れる様な要因がない方や高齢者の手荒れにも注意が必要です。

詳細に関しては手湿疹のページをご覧下さい。

ウィルス性のイボ

子供から大人まで身体のあらゆるところに出現します。初めて治療を行う方には原則的に液体窒素の照射にモノクロ酢酸や硝酸銀の塗布を加え週1回の頻度で約3ヶ月程度繰り返します。こちらの治療が有効な方は治癒まで継続いたしますが残念ながらイボの出来た部位やイボの種類によっては非常に効きにくい場合もございます。中には数年間液体窒素療法を継続している方もいらっしゃいます。当院ではその様な難治性のイボに対して希望者には自費治療となりますがブレオマイシン注射やレーザー切除、イボ剥ぎ手術などで対応しております。液体窒素無効例に効果的な可能性のあるこれらの治療ですがいずれの施術も激痛を伴うものです。その為、当院ではこれらの施術に伝達麻酔や全身麻酔など様々な麻酔法を駆使し施術中の痛み、不快感を最大限軽減するよう努めております。

詳細に関してはウイルス性イボのページをご覧下さい。

ニキビ・ニキビ跡

当院ではニキビ治療は保険診療を軸に行っています。その理由は適切なホームケアと処方薬の適正使用で約70%の患者さんは御自身が満足のいく結果に導くことが可能だからです。ニキビ治療のポイントは「処方薬を正しく使用する」「自分にあったホームケアを用いて正しいお肌ケアを行う」ことだと思います。

以上を踏まえて治療するも残念ながら満足のいく結果が得られなかった方には各々の生活環境、体質、症状に合った保険外(自費)の治療方法を提案いたします。

詳細に関してはニキビ・ニキビ跡のページをご覧下さい。

陥入爪・巻き爪

本症の原因は深爪、遺伝・体質、外傷などと言われています。爪の角が皮膚や肉に食い込み炎症や痛みを起こしている状態を陥入爪といい、爪が両側縁に向かって筒状に丸く深く変形しているのみで痛みを伴わない状態を巻き爪と言います。陥入爪と巻き爪が合併した状態もしばしば見受けられます。また陥入爪では爪の刺激により爪の辺縁に赤い隆起する組織(肉芽腫)が出来てしまうことも珍しくありません。 頻度的には母趾に多い印象ですが他の趾や手の指になることもあります。

詳細に関しては陥入爪・巻き爪のページをご覧下さい。

蕁麻疹

約数時間から24時間で消える、もしくは移動する赤く盛り上がったブツブツで多くの場合は痒みを伴います。蕁麻疹がでてから1ヶ月以内を急性蕁麻疹、1ヶ月以上の場合を慢性蕁麻疹と呼びます。急性蕁麻疹の原因としてはウィルスや細菌感染、食べ物、薬剤、ストレス、疲労、発汗を伴う動作などが言われています。具体的なものを以下に示します。
食べ物:そば、魚介類、食品中の防腐剤・添加物
薬剤:抗生物質、解熱鎮痛剤、降圧薬
発汗を伴う動作:運動、入浴、精神的緊張

また、慢性蕁麻疹は様々な要因が関与しており原因を特定することが不可能です。

詳細に関しては蕁麻疹のページをご覧下さい。

水虫

日本人の水虫患者総数は約2,500万人!これは5人1人が水虫にかかっているということになります。すなわちどなたでも水虫になる可能性がありますので水虫かな?と思ったらまず皮膚科を受診してみましょう。水虫の訴えがあった際にまず行うべきことは本当に水虫なのかどうかを顕微鏡で確認することです。どんな名医であっても見た目だけでは水虫を診断することは出来ません。顕微鏡検査は水虫の診断に必須な検査なのです。
顕微鏡検査で水虫が確認されなければ蒸れなどによる皮膚トラブルと考えそれらを対処する方針となります。顕微鏡で水虫が確認された場合に初めて水虫の治療を開始します。 また足底や趾間、爪の水虫はよく知られるところですが陰部や臀部、手にも水虫は感染しますので注意が必要です。

詳細に関しては水虫のページをご覧下さい。

  • 初診の方で 診察の事前申込をご希望される方はこちら
  • ウイルス性イボ治療について ご希望の方はこちら
  • 皮膚科問診票 ※初診の方は記載してお持ち下さい
  • 生活習慣病外来問診票 ※初診の方は記載してお持ち下さい
  • いしいクリニック築地 ブログ
  • 患者の気持ち
  • 聖路加国際病院 医療連携クリニック
診療時間 日/祝
9:00~12:30(受付)
9:30~13:00(診療)
14:30~15:00(手術)
14:30~18:20(受付)
15:00~18:30(診療)
  • ※午後は14:30~15:00は手術対応、通常の診療は15:00~18:30となります。
  • ※内科は17:00まで診療となります。
  • 土曜は、9:30~14:30(受付)、10:00~15:00(診療)となります。
  • 休診日:水曜日・日曜日・祝日
 

いしいクリニック築地

ご予約・お問合せ TEL:03-3541-2141

  • ※手術と美容皮膚科領域に関する御相談は御予約が可能です。