手足口病

手足口病

夏風邪の一種と言われており発熱と供に手のひらや足の裏、おしりや下肢に赤い楕円形の水疱疹が出現するのが特徴です。年齢的には6ヶ月~5歳児に後発しますがそれ以外の年齢層でも罹患します。近年の手足口病は症状が多彩で発熱に関してはほとんど認められない場合もあれば高熱を伴うケースもあります。治療に関しては特別なものはなく対処療法となります。重症化する例も無いわけではありませんがごくわずかです。
大人が感染すると歩くのが困難な程の足底の痛みを呈する場合もあります。

手足口病と鑑別を有する疾患

  • 水痘
    この場合は発疹が体幹を中心に頭髪部位にも現れますが手足口病は四肢が中心です。
  • おむつ皮膚炎
    夏に臀部の皮疹を見たら四肢も確認する必要があります。
  • 虫刺され
    手足口病の初期段階と鑑別が困難な場合がありますので確定できない場合には数日後に再診をお願いしています。
  • 初診の方で 診察の事前申込をご希望される方はこちら
  • ウイルス性イボ治療について ご希望の方はこちら
  • 皮膚科問診票 ※初診の方は記載してお持ち下さい
  • 生活習慣病外来問診票 ※初診の方は記載してお持ち下さい
  • いしいクリニック築地 ブログ
  • 患者の気持ち
  • 聖路加国際病院 医療連携クリニック
診療時間 日/祝
9:00~12:30(受付)
9:30~13:00(診療)
14:30~15:00(手術)
14:30~18:20(受付)
15:00~18:30(診療)
  • ※午後は14:30~15:00は手術対応、通常の診療は15:00~18:30となります。
  • ※内科は17:00まで診療となります。
  • 土曜は、9:30~14:30(受付)、10:00~15:00(診療)となります。
  • 休診日:水曜日・日曜日・祝日
 

いしいクリニック築地

ご予約・お問合せ TEL:03-3541-2141

  • ※手術と美容皮膚科領域に関する御相談は御予約が可能です。