ワクチン接種

ワクチン接種

インフルエンザワクチン

感染症には大きく二つあり"細菌感染"によるものと"ウイルス感染"によるものがあります。インフルエンザは後者であるウイルス感染症の一つです。毎年冬になるとインフルエンザに感染する人が増加します。ではインフルエンザワクチンを接種した人としない人でどのような差が生まれるのでしょうか。
インフルエンザ接種をうけた方は接種していない人に比べ肺炎などで死亡する危険性が20%近く減少した報告があります。またインフルエンザにかかった際の症状が接種していない人に比べ症状が軽く回復時間も短いのです。
今までインフルエンザにかかった事がないから予防接種はしませんと言っている方をみかけますが病気はいつかかるか予告してくれません。そのためにはならないための予防が必要となってきます。そのためにもしっかりインフルエンザワクチンの接種をお勧します。2015年からインフルエンザワクチン株が変更になり、インフルエンザウイルスの抗原量が増え3価(A型2種類、B型1種類)から4価(A型2種類、B型2種類)のワクチンに変更となりました。
昨年は例年に比べインフルエンザ発症時期が遅く年明けからインフルエンザ罹患患者さんが増え2月3月がとても多かったです。しかし毎年罹患時期の傾向は変わるため出来るだけ早期の接種をおすすめします。

対象者

生後6ヶ月以上の方なら接種可能です。

費用

3,000円(税込)

※二回目以降も上記のお値段になります。

※当院では中央区のインフルエンザ予防接種の助成制度を利用する事ができません。

※60歳以上の方でも全額自費になりますのでご注意ください。

接種時期

10月10日(火)から接種開始いたします。
今年はワクチンの本数が少ないためお早めの接種をお勧めしております。

接種回数

  • 6ヶ月~13歳未満は2回(1回目から2~4週間の間隔をあけて2回目接種)
  • 13歳以上は1回または2回(1回目から1~4週間の間隔をあけて2回目接種)

接種量

  • 6ヶ月~3歳未満は1回0.25mlを皮下注射
  • 3歳以上13歳未満は1回0.5mを皮下注射
  • 13歳以上は0.5mlを皮下注射

接種間隔

  • 2回接種する場合は免疫効果を考慮し4週間あける事が望ましいとされています。
  • 6ヶ月~13歳未満は1回目から2~4週間の間隔をあけて2回目接種、13歳以上は1回目から1~4週間の間隔をあけて2回目接種を推奨しております。
  • ほかのワクチン製剤との接種間隔は生ワクチンを受けた方は通常27日以上、不活化ワクチンを受けた方は通常6日以上おいて接種して下さい。

※生ワクチン:BCG、麻疹・風疹混合[MRワクチン]、水痘ワクチン、流行性耳下腺炎、ロタワクチンなど

※不活化ワクチン:4種混合、小児肺炎球菌、Hib、日本脳炎、B型肝炎、子宮頚がん、インフルエンザワクチンなど

生ワクチン、不活化ワクチンについては下記のURLが参考になります
http://www.nih.go.jp/niid/ja/id/249-vaccine/vaccine.html

効果

  • 個人差もありますがワクチン接種から2~3週間程度でウイルスに対する免疫ができます。
  • 効果は5ヶ月間続くと言われております。しかしインフルエンザワクチンを3週間隔で2回接種した場合、接種1ヶ月後の有効予防水準は77%、3ヶ月後は78.8%ですが5ヶ月後になると50.8%まで減少する事が報告されています。つまり10月に接種すると2月には効果が半減している事になります。
  • 糖尿病、高血圧、高脂血症などの基礎疾患をおもちの方は効果の持続期間が更に短くなると報告されており当院では2回の接種を推奨しております。

副作用

  • 安全性の高いワクチンであり重篤な副作用は極めて稀です。
  • 局所反応としては注射部の痒み、発赤、腫れなどがありますが2~3日程度で消失します。
  • 全身反応としては発熱、咽頭痛、倦怠感などがみられる事があります。

ご質問

Q.予約はできますか?

A.当院では原則予約制ではございません。ご都合のよい時間に来院していただき接種お願いします。
6ヶ月〜13歳未満のお子様に限り2回目の接種日時に関して予約制とさせていただいております。

Q.企業単位で予防接種をお願いできますか?

A.出張接種はできませんが、来院していただければ承ることは可能です。

Q.当日お風呂には入れますか?

A.入浴は可能です。ただし長時間の入浴は局所症状が出やすくなりますので避けてください。

Q.接種した後、お酒は飲んでもいいですか?

A.血液の循環が良くなり接種部位がはれる事がありますので極力控えてください。

Q.接種後の運動はどうでしょう?

A.アルコールと同様で血液の循環が良くなり接種部位がはれる事がありますので極力控えてください。

Q.:2016年と2017年のワクチンの違いは何ですか?

A.A型株のカルフォルニア型からAシンガポール型に変更となりました。それ以外は2016年度と変わりありません。

Q.フルミスト(経鼻インフルエンザワクチン)は扱っていますか?

A.日本では未承認ワクチンのため当院では扱っておりません。

肺炎球菌ワクチン(ニューモバックスNP)

日本人の死因の4番目が肺炎であり、70歳以上の市中肺炎の起因金は肺炎球菌と呼ばれる菌によるものが一番多いのです。肺炎球菌とは約3~5%の高齢者の鼻やのどの奥に菌が常在していると言われています。体調を崩したり風邪をひいたりすることでこれらの菌が体内に増殖する事で気管支炎や肺炎が引き起こされます。
“肺炎球菌ワクチン”は高齢者の肺炎の原因となる病原体の中で、もっとも頻度の高い“肺炎球菌”という細菌による肺炎を予防するために開発されたワクチンです。米国では65歳以上の高齢者の約半分以上が接種しています。
糖尿病や高血圧を患っている患者さんの多くは細菌を殺すための“免疫力”が低下している傾向にあります。そのため気管支炎や肺炎にかかってしまうと普通の人と比べ回復する力が弱く、最悪死に至る可能性があります。
そのためワクチンを接種する必要があると考えられます。このワクチンの利点としてインフルエンザワクチンと違い毎年打つ必要はなく、一度打つことで5年は効果があると言われています。また季節に関係なく接種する事ができます。

対象者

  • ご高齢の方(特に65歳以上のかた)
  • 心臓・腎臓若しくは呼吸器の障害又はヒト免疫不全のウイルスによる免疫の機能に障害を有する方(身体障害者障害程度等級1級相当)
  • 糖尿病の方
  • 病気や怪我(交通事故を含む)などで脾臓を摘出されている方

※ただし過去に肺炎球菌ワクチンを接種している方が対象外となります。
※脾臓を摘出された方の場合は保険が適応されますが、その他の方は全額自己負担になります。

費用

8,000円

効果

  • 個人差もありますがワクチンを接種してからおよそ一ヶ月前後で効果があらわれ、効果は5年ほど持続すると考えられています。
  • 副作用:安全性の高いワクチンであり重篤な副作用は極めて稀です。よく見られる副作用としては注射部位の痒み、発赤、軽い発熱、筋肉痛などがあります。
  • 申込方法:接種ご希望の方は、直接クリニックに来院またはお電話にてお問い合わせください。
診療時間 日/祝
午前
受付 9:00~12:30
(9:30診療開始)
午後
受付 14:30~18:20
(15:00診療開始)
皮膚科
内科
ペインクリニック
  • 休診日:水曜日・日曜日・祝日
  • 土曜は受付時間が9:30~14:50、診療は10:00~となります。
  • 金曜日、内科は午前のみ診療となります。
 

いしいクリニック築地

ご予約・お問合せ TEL:03-3541-2141

  • ※手術と美容皮膚科、ペインクリニック領域に関する御相談は予約が可能です。