医師向けセミナー

医師向け皮膚科セミナー

皮膚科未経験の方から現在内科、小児科、形成外科など皮膚科以外の領域を専門に診療を行っているDr、転科を考えているDrなどを対象にした完全プライベートなレッスンとなります。
内容は「明日の診療から使える知識」を様々な面からお伝えいたします。
本セミナーで学んで頂いたことを日常診療に活かし自分なりの診療方針を確立して頂ければきっと多くの患者さんの不安を安心に変えられると思います。

  • 皮膚科診療未経験の方はこちら
  • 皮膚科診療経験者の方はこちら
  • 開業医もしくは今後開業を考えている方はこちら

開催場所

いしいクリニック築地
〒104-0045 東京都中央区築地2-6-4 銀鱗ビル5F

講師

石井康多(いしいクリニック築地 院長)
須山杏理紗(いしいクリニック築地 副院長)

講師から皆様へのメッセージ

有名な大学病院での研修経験があるわけでもない私達が、皮膚科クリニックの激戦区と言われる東京中央区に落下傘開業したのが約5年前、開業当初は一日2~3人の患者数でしたが「診療で結果を出すこと」と「患者さんとのつながり」にこだわり、現在は多くの方に来院頂いております。この間に皮膚科を専門としない先生方から皮膚科診療に関する御相談をしばしば頂いたことをきっかけに本セミナーを企画いたしました。レッスンでは皮膚科特有の難しい用語や表現は省略し「日常診療で結果を出すための知識の習得」を追求いたします。受講希望者の主たる診療科、皮膚科経験年数は問いません。 本セミナーを医師としてのスキルアップのきっかけにして頂ければ幸いです。

レッスン費用

90分:3万円(税込み・当院オリジナルの資料代込み)
土日祝日は1万アップになります。
延長30分:1万円

申し込み方法・申し込み先

下記の項目を記載頂きMailもしくはFaxでお申し込み下さい。
Mail Fax 03-3541-2142

  • お名前
  • 受講希望日時
  • 主たる診療科:
  • Tel
  • Mail address
  • 皮膚科経験実績 未経験者もしくは経験者(経験者の場合はおおよその実績)をご記載下さい。
  • 特記事項(希望レッスン内容などがございましたら記載をお願いします。)

皮膚科診療未経験の方

未知な分野を学び始める際にはドキドキしますよね。そのような方の為のレッスンがこの講座となります。年齢、診療科などは問いません。また難しいことは一切ありません。皮膚科診療の基本から説明いたします。明日から使える皮膚科の知識を一つずつ習得していきましょう。

レッスン内容

外来で本当に使える知識は本では学ぶことが出来ない部分も多いと思います。
直接お話しすることでより多くのことを伝えたいと思います。
教科書にないテクニックもお伝え出来ればと思いますのでご期待ください。

  • 「保湿剤とステロイド薬って同時に使って大丈夫?」「どれくらいの期間その薬を使って大丈夫?」など皮膚科で使う外用薬の種類、使い方をご説明いたします。
  • 「傷に消毒ってしたほうが良いの?」「湿潤療法って何?」「傷がある場合の入浴は?」など日頃の疑問を解決いたします。
  • 「脂漏性皮膚炎」「ジベルバラ色粃糠疹」「貨幣状湿疹」など難解な疾患名が並ぶ皮膚科疾患ですが実はざっくり分けると3つに分けられるのをご存知ですか? これらの分類分けが出来るだけでかなりの疾患を治療することが可能です。
  • 日常診療でよく見る皮膚疾患TOP3を挙げられますか?。皮膚科は扱う範囲は膨大ですが日常診療で取り扱う疾患は限られています。良くある疾患についての知識を中心にご説明していきます。
  • 「皮膚の下に何かある」「皮膚が盛り上がってきた」と言われ検討がつかなかったときはあなたならどうしますか?
  • 皮膚科診療に当たる上で避けては通れない水虫診療。まず顕微鏡を覗くところから初めてみましょう。

以上は一例となります。診療の基本をおさえつつ、皆様の要望に合わせ臨機応変に対応いたしますのでご希望のある方はおっしゃって下さい。

皮膚科診療経験者の方

時々皮膚トラブルを診る方から本格的に皮膚科診療に携わる気持ちのある方。そのような方の為のレッスンがこの講座となります。日常診療で取り扱う疾患に趣をおきながら進めていきます。「なんとなくリンデロンVGを処方したけど本当にそれで良かったのかな?」「小児にステロイド処方したけど大丈夫かな?」「この薬で治らないって言われたらどうしよう」この様に思っている先生方も多いと思います。診療中の不安を自信に変えましょう! もちろん受講に際して年齢、診療科などは一切問いません。

レッスン内容

外来で本当に使える知識は本では学ぶことが出来ない部分も多いと思います。
直接お話しすることでより多くのことを伝えたいと思います。
教科書にないテクニックもお伝え出来ればと思いますのでご期待ください。

  • 「この症状なぜ治らないんだろう?」と思った際に考える項目をお伝えいたします。これを知っているだけで診療の幅が広がります。
  • 「皮膚科ではどんな時にどれくらいの量のプレドニンを処方したら良いの?」「皮膚科で使う抗生剤は何?」など皮膚科特有の内服薬についてご説明いたします。
  • 「帯状疱疹もしくは湿疹」「小児の水疱瘡もしくは虫刺され」「湿疹ととびひ」など見た感じは似ているが治療は全く異なる疾患の診断、治療のポイントをずばりお伝えいたします。
  • 「おそらく湿疹なんだろうけど診断がつかないな」大丈夫です、診断がつかなくても皮疹の特徴を知ることで治せることもしばしばです。皮膚科疾患の治療ポイントをお伝えします。
  • 子供の疾患の診断、治療法に興味がある方はおっしゃって下さい。小児皮膚疾患の説明も可能です。

以上は一例となります。診療の基本をおさえつつ、皆様の要望に合わせ臨機応変に対応いたしますのでご希望のある方はおっしゃって下さい。

開業医もしくは今後開業を考えている方

診療環境やレセプト関連業務、自費診療に関してアドバイス、実務指導を行っています。(※実務指導に関しては当院のスタッフが行う場合もございます。)
良くある質問は以下の通りです。

レセプト関連

  • 処置や薬に対する適切な病名は?
  • 適切な薬の処方量は?
  • 処方する際に注意が必要な薬は?
  • 症状詳記が必要な時はどんな場合?
  • 管理料が算定できる皮膚科疾患は?

診療環境

  • 医師がすべき処置、ナースに任せて良い処置は?
  • 液体窒素は必要?
  • ダーモスコピーは必要?
  • カメラは必要?
  • 顕微鏡は必要?
  • 処置台の上に置いておくべき薬や被覆材は?
  • 診療室に置いてくと便利な教科書は?

自費診療に関して

  • 自費診療の点滴を初めたいんだけど物品の仕入れ先は?
  • 自費診療の点滴メニュー、中身を教えて下さい。
  • 患者さんに喜んで貰える自費診療のメニューは何ですか?
診療時間 日/祝
午前
受付 9:15~12:30
(9:30診療開始)
午後
受付 14:45~18:20
(15:00診療開始)
皮膚科
内科
ペインクリニック
  • 休診日:水曜日・日曜日・祝日
  • 土曜は受付時間が9:45~14:50、診療は10:00~となります。

いしいクリニック築地

ご予約・お問合せ TEL:03-3541-2141

  • ※手術と美容皮膚科、ペインクリニック領域に関する御相談は予約が可能です。