薬疹

薬疹

内服した薬が体に合わない為に内服後に皮疹が体に出現する疾患を薬疹と言います。

原因薬剤について

解熱・鎮痛剤、抗生物質、これら2つの頻度が多いのですがあらゆる薬剤が薬疹を引き起こす可能性があります。サプリメントや漢方も例外ではありません。
重症型薬疹では抗てんかん薬や抗尿酸血漿治療薬が原因となることがあります。

発症期間と原因薬剤の関係について

一般的には皮疹が生じる「直前」もしくは「1~2日前に」摂取した薬剤を薬疹の原因薬として疑います。
一番多いのは「約2週間前に開始して皮疹が生じる直前もしくは1~2日前まで続けていた薬」というパターンです。
※この点は紙面上では十分な説明をするのが難しいので外来時に詳しくお話いたします。

重症型薬疹のサイン

  • 発熱(38度以上)
  • 唇や口の中の粘膜が剥ける
  • 目の充血
  • 顔面を含めた全身の皮疹

このような症状を呈している方には速やかに適する施設を御紹介いたします。

治療

疑わしい薬の中止もしくは変更が最も重要です。併せて抗アレルギー薬の内服とステロイドの外用を行います。これらで皮疹やかゆみがコントロールできない場合には少量のステロイド薬の内服を行うことがあります。

当院の治療ポリシー
まず詳細な問診、視診から薬疹か否かを正確に判断いたします。薬疹が疑われる場合には可能な範囲で被疑薬を特定し将来の再発を予防するとともに各人の状態に適する薬を処方することで迅速な症状緩和、治癒を目指します。重症型薬疹を疑った場合には速やかに適する施設を紹介いたします。

診療時間 日/祝
午前
受付 9:00~12:30
(9:30診療開始)
午後
受付 14:30~18:20
(15:00診療開始)
皮膚科
内科
ペインクリニック
  • 休診日:水曜日・日曜日・祝日
  • 土曜は受付時間が9:30~14:50、診療は10:00~となります。
  • 金曜日、内科は午前のみ診療となります。
 

いしいクリニック築地

ご予約・お問合せ TEL:03-3541-2141

  • ※手術と美容皮膚科、ペインクリニック領域に関する御相談は予約が可能です。