ウィルス性のイボ

ウィルス性のイボ

子供から大人まで身体のあらゆるところに出現します。初めて治療を行う方には原則的に液体窒素の照射にモノクロ酢酸や硝酸銀の塗布を加え週1回の頻度で約3ヶ月程度繰り返します。こちらの治療が有効な方は治癒まで継続いたしますが残念ながらイボの出来た部位やイボの種類によっては非常に効きにくい場合もございます。中には数年間液体窒素療法を継続している方もいらっしゃいます。当院ではその様な難治性のイボに対して希望者には自費治療となりますがブレオマイシン注射で対応しております。

クリニックからのメッセージ

ウィルス性イボの治療は一筋縄でいかないのが現状で辛い思いをしている方も数多くいらっしゃると思います。いつ治るかわからない不安やこれ以上治療法がないと思った際の絶望感などを持ち当院に来院される方も多くいらっしゃいます。当院も魔法が使えるわけではありませんので残念ながら「全てのイボを治して差し上げます」「当院の施術後は再発の可能性はありません」とは言えませんが治療に際し真摯に対応することはお約束させて頂きます。その気持ちを治療法の創意工夫に込め当院はイボ治療を行っております。

当院のウィルス性イボ治療の特徴

  • 液体窒素療法をはじめモノクロ酢酸の外用、硝酸銀の外用、サリチル酸外用、ブレオマイシン注射など保険治療から自費治療の範囲まで様々な治療法を御用意しております。その為、御自身の生活スタイルや病状に最適な治療方法を提案することが可能です。
  • ブレオマイシン注射施行時には痛み止め注射前のプレ麻酔を施行し不快感、疼痛を最大限軽減する様に努めます。

ウィルス性イボ治療の流れ(大人の場合)

ステップ1

まず液体窒素療法にモノクロ酢酸、硝酸銀、サリチル酸の外用療法を組み合わせて治療いたします。治療頻度は週7~10日に1回、治療目安期間は3ヶ月前後です。保険治療範囲内の治療となります(モノクロ酢酸外用療法、硝酸銀の外用療法はオプション治療として当院では無料で行っています)。

ステップ2

液体窒素を中心とした治療法では残念ながら効果が乏しい様な難治性イボに罹患している方、社会的に定期的な通院が困難な方などは自費治療となりますが以下の治療に進むことをお薦めいたします。

ブレオマイシン注射

ブレオマイシンという薬剤をイボの局所に注射いたします。普通に注射すると激痛を伴います。病変部に麻酔外用薬を使用する、注射薬に痛み止めを混ぜる、痛み止めの注射をブレオマイシン注入前に行うなど様々な方法での除痛が試みられておりますが残念ながら除痛効果が乏しいと言わざるを得ないのが現状ではないでしょうか。注射時の激痛は施術を受ける側の大きなストレスになるのはもちろんのこと施術する側においても激痛によって患者さんが動くことで適切な量、深さに薬液を注入することが困難になり治癒率の低下につながります。当院では希望者には“プレ麻酔”という特殊な鎮痛法で痛みを最大限緩和した後に施術することが可能です。
費用に関しては自費治療となります。
初回初診料¥2,000 再診料¥1,500
施術料:¥5,000  プレ麻酔料:指・趾 ¥5,000

ウィルス性イボ治療の流れ(子供の場合)

液体窒素療法にモノクロ酢酸、硝酸銀、サリチル酸の外用療法を組み合わせて治療いたします。治療頻度は週7~10日に1回となります。保険治療範囲内の治療となります(モノクロ酢酸外用療法、硝酸銀の外用療法はオプション治療として当院では無料で行っています)。

以下の様な方が当院に多く来院されてます

  • これからイボ治療を開始する方。
  • 様々なクリニック、病院で数年間液体窒素中心の治療を継続したが治らずお困りな方。
  • 痛みを抑えた状態でのブレオマイシン療法を御希望される方。

ブレオマイシン注射施術時の痛みを極力減らす当院の取り組み

「ブレオマイシン注射をなるべく痛くなく出来ないか?」このようなお声を外来で度々拝聴いたしましたので当院では“プレ麻酔”など用いて可能な限りその様なお声にお応えします。

プレ麻酔について

プレ麻酔とは局所麻酔注射を行う前段階の麻酔のことです。当院では主に2種類のプレ麻酔を行っています。プレ麻酔が十分であれば元来激痛を伴う局所麻酔注射の痛みはほとんど感じません。

  • 浸潤麻酔(伝達麻酔):この方法は足趾や手指にイボがある際に多く用いられます。

安全面への配慮

施術の痛みはとりたいが麻酔は危険、怖いものなので躊躇される方もいらっしゃると思います。100%安全とは言い切れませんがある一定以上の修練を重ねた医師が安全面に配慮された環境で麻酔を行う分には必要以上に神経質になる必要はありません。

  • 麻酔を用いた施行前にはいくつか注意点がありますので用紙を用いて説明いたします。
  • 必要十分なモニター、薬剤、医療器具を揃えています。

よくある質問を集めました

<イボ治療全般に関して>

必ず治りますか?

残念ながらいずれの治療法も完全に治るとお約束出来るものではございません。

初めてウィルス性のイボと診断されたのですがどの治療法が良いでしょうか?

特別な事情がない限りまず液体窒素療法を中心とした治療法を3ヶ月程度継続することをお薦めしております。足底、爪周囲以外の部位に発生したイボでは有効な場合も多く見受けられます。

液体窒素療法をする前に何か痛み止めを用いることは可能でしょうか?

混合診療の観点から液体窒素前の鎮痛処置は残念ながら難しいと思われます。

インターフェロン注射はやっていますか?

副作用の観点から当院では行っておりません。

<ブレオマイシン注射に関して>

一般的にどれくらいの確率で治りますか?

イボのサイズに大きく影響されると思いますが信頼性の高い報告では1~2回の施術によりおおよそ65~85%とでています。

どのくらいの期間で治りますか?

3~4週間程度で目途が付く印象です

どの部位にできたイボに有効ですか?

足底、爪の周囲にできたイボに有効性が高い治療法と言われています。

施術後の一般的な通院頻度を教えて下さい。

注射後3日、10日、21日の来院をお願いしています。

副作用はありますか?

  • 全身的な副作用はありません。局所的には体質による施術部位の肥厚性瘢痕、ケロイド形成が頻度は多くありませんがございます。
  • 爪周囲の施術の場合、爪の変形が現れる可能性があります。
  • 指先のイボやサイズが大きいイボの場合施術後に一時的な感覚鈍麻、しびれが起こる場合があります。多くの場合半年~2年で回復します。

注射は痛いですか?

何の前処置もなければ激痛だと思います。その為、当院ではオプションになりますが様々な麻酔法を用いて注射時の痛みを最大限軽減する取り組みを行っています。痛みに敏感な方やイボのサイズが大きい方、複数個ある方は御検討下さい。

再発を防ぐ方法はありますか?

残念ながらありません。当施術のポイントはブレオマイシンを病変部の正しい深さに適量注入することです。ごく少量の注入となりますので疼痛の為に患者さんが突然動いてしまう様では正しい施術が出来ません。その為当院では希望者にプレ麻酔を行いブレオマイシン注射の激痛を緩和することで確実性の向上に努めています。

注射後は痛いですか?

通常施術後約3~7日は施術部の痛みを伴います(通常の日常生活動作は可能な程度です)。そのため痛み止めの内服が必要です。施術後1週間は走ったりする運動は難しいと思われます。

注射後の生活の制限はありますか?

入浴、運動の制限はございません。特殊な業種を除いて仕事も可能です。

施術困難な方

小児、妊娠中の方。

診療時間 日/祝
午前
受付 9:15~12:30
(9:30診療開始)
午後
受付 14:45~18:20
(15:00診療開始)
皮膚科
内科
ペインクリニック
  • 休診日:水曜日・日曜日・祝日
  • 土曜は受付時間が9:45~14:50、診療は10:00~となります。
 

いしいクリニック築地

ご予約・お問合せ TEL:03-3541-2141

  • ※手術と美容皮膚科、ペインクリニック領域に関する御相談は予約が可能です。