花粉症症状改善注射

非特異的減感作療法:ヒスタグロビン注射

花粉症やアレルギー症状に対する治療法の一つで、特定のアレルギー物質に対しての感受性を低下させる特異的減感作療法とは異なりスギ花粉やダニ、ハウスダストなどといったアレルギー物質全般に対して体質から改善する治療になります。

花粉症の症状である、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・眼の痒みは花粉といったアレルギー物質が体内に入ることでヒスタミンという物質が放出され生じます。ヒスタグロビン注射をするとヒスタミンに対する抗体ができこのような症状を緩和してくれるのです。

ヒスタグロビンは国内の献血血液から造られています。そのため感染症の危険がありますが(最高水準の安全対策がおこなわれています)、昭和42年に国内で発売されて以来一度も感染症を引き起こしたことはない安全性の高いお薬です。
注射前に薬や治療の説明を受けていただき納得をいただいた上で治療をおこなわせていただいております。
※こちらの治療は保険適応になります

治療の流れ

成人は1週間に2回、合計6回を1クールとしたヒスタグロビンの注射をおこないます。
小児は1週間に1回、合計6回を1クールです。
最初の1クールで効果が不十分な方は更にもう1クール注射をおこないます。
※効果には個人差があるためすべての方に同じ効果があるというわけではありません。

副作用

眠気、眩暈、頭痛、吐き気といった副作用が稀に起こることがございます。

ヒスタグロビン注射を実施できない方

  • 激しい喘息発作のある方
  • 妊娠または妊娠の可能性のある方
  • 生理直前、生理中の方
  • 著しく衰弱している方
  • ヒスタグロビン注射でアナフィラキシーショックをおこしたことのある方

注意

  • 生ワクチン(麻疹、風疹、おたふくかぜ、水痘)の抗体獲得にたいして影響を与える可能性があるため接種から2週間以上あけてヒスタグロビン注射をおこなう必要があります
  • ヒスタグロビン注射をおこなってから生ワクチンを接種する場合は最低3-4ヶ月あける必要があります
  • ヒスタグロビン製剤はヒト組織や血液を原料とした生物製剤のため注射した方は献血を控えてください

こんな方におすすめです

  • すでに花粉症の症状がある方
  • 内服や点眼・点鼻薬でも症状が抑えられない方

ノイロトロピン注射

ノイロトロピンはワクシニアウイルスという安全なウイルスをウサギの皮膚に注射して炎症を生じさせた組織から抽出した非蛋白の活性成分を有する注射です。
こちらは疼痛を軽減する作用もあり慢性に経過する腰痛、肩や首のこり、痛みにも使用されます。
ノイロトロピンはヒスタミンを放出する肥満細胞や抗体がくっつく受容体を占拠することにより花粉やハウスダストなどの抗原が受容体に結合しにくくなり症状が緩和されるといわれています。
主に花粉症による鼻水、くしゃみ、眼の周りの痒みなど幅広い効果が認められています。

効果は個人差が大きく当院ではヒスタグロビン注射との併用をおすすめしております。
※こちらの注射は保険適応となります

副作用

発疹、眠気、ほてりといった症状が稀に発生することがあります

  • 初診の方で 診察の事前申込をご希望される方はこちら
  • ウイルス性イボ治療について ご希望の方はこちら
  • 皮膚科問診票 ※初診の方は記載してお持ち下さい
  • 生活習慣病外来問診票 ※初診の方は記載してお持ち下さい
  • いしいクリニック築地 ブログ
  • 患者の気持ち
  • 聖路加国際病院 医療連携クリニック
診療時間 日/祝
9:00~12:30(受付)
9:30~13:00(診療)
14:30~15:00(手術)
14:30~18:20(受付)
15:00~18:30(診療)
  • ※午後は14:30~15:00は手術対応、通常の診療は15:00~18:30となります。
  • ※内科は17:00まで診療となります。
  • 土曜は、9:30~14:30(受付)、10:00~15:00(診療)となります。
  • 休診日:水曜日・日曜日・祝日
 

いしいクリニック築地

ご予約・お問合せ TEL:03-3541-2141

  • ※手術と美容皮膚科領域に関する御相談は御予約が可能です。