痛みを伴う皮膚科疾患

痛みを伴う皮膚科疾患

丹毒

片側もしくは両側の顔面の赤み・腫脹・疼痛が特徴的です。溶血性連鎖球菌という菌の感染が原因で放置すると後に腎障害なども合併するため早期の治療が不可欠です。
その点当院は内科も併設しているので必要時は内科的な治療も受けることが可能です。

蜂窩織炎

皮膚の下に細菌が感染して腫れる疾患です。激しい疼痛を伴います。多くの場合抗生剤と痛み止めの内服で治療しますが切開して膿を出す処置が必要な方もまれにいます。
また時々痛風の発作と鑑別が必要になります。

帯状疱疹

複数の水泡疹が体の片側(顔面も含め)に出現しピリピリするのが特長です。水痘ウィルス(水疱瘡のウィルス)の再活性化により神経の炎症が起こり皮膚症状として現れたのがこの疾患です。典型的な症状であれば診断は容易ですが実際かなり紛らわしい場合があり診断するにあたって経験と知識が必要な場合も多々あります。
治療においては帯状疱疹後神経痛という神経痛への進行の阻止が最も重要でそのために抗ウィルス薬の内服を行い必要な方には神経ブロック療法も併用していきます。
当院の院長は皮膚科医でありながらペインクリニック学会の専門医を取得しており帯状疱疹の痛み治療のスペシャリストです。
痛みでお困りな方は早急にご相談下さい。

※当院は帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛の治療を積極的に行っております。
詳しくは、症状別メニューの「帯状疱疹」ページをご参照ください。

粉瘤

粉瘤とは皮膚の内側に袋が形成されその中に垢(あか)や膿が溜まってしまう疾患で押し出すと内容物の一部が漏れ出ることもあります。初めは米粒大のしこりがあり時間の経過と供に徐々にサイズが大きくなるのが一般的です。また粉瘤に細菌感染が合併すると炎症性粉瘤という赤く腫れあがった状態になりこの時点では通常痛みや不快な匂いを伴います。いずれの場合にも根治には角質や膿を袋ごと摘出する必要があります(袋を取り出さない限り時が経過すると再び内容物が袋内に溜まり粉瘤が形成されてしまいます)。当院では大部分の症例に対して鍵穴手術法(くりぬき法)で対応しています。
鍵穴手術法(くり抜き法)は従来の手術法(紡錘形に皮膚を切開し粉瘤を取り除き縫い合わせる手術法)に比して

  • 手術時間が短い(従来の手術法では1時間近く掛かる例も鍵穴手術なら15分程度で出来る)
  • 傷跡が小さい(大概の粉瘤は5mm以下の傷で手術出来ます)
  • 傷を縫わなくても済むことが多い

と言ったメリットがあります。

※当院の院長はひと月あたり粉瘤の手術は100件前後・ホクロの手術40件前後のクリニックで外来を担当し多くの患者さんから好評を得ておりました。
その為当院では粉瘤の治療を積極的に行っております。

※粉瘤の袋を摘出する手術の詳細に関しては手術療法のページをご覧下さい。

粉瘤に関する良くある質問についてもご覧ください。

単純疱疹

小水疱が口唇もしくは陰部に多発ししばしばピリピリした違和感を伴います。
治療は抗ウィルス薬の5日間内服が一般的です。
時々カポジ水痘様発疹症という重症化した状態に変化しますので注意が必要です。

熱傷

熱傷の深さを見極め当初は感染を予防しながら痛みをとること、その後は受傷部が痕になりにくいように加療していくのが治療のポイントです。
適切でない治療は感染や炎症の増悪を招きやけどを悪化させ治りを悪くする可能性がありますので受傷された方は早急な受診をお勧めします。

結節性紅斑

風邪などの症状の後に両下腿に有痛性の皮疹が出現したらこの疾患を疑います。

ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群

新生児から6歳までの乳幼児で多く発熱と、口囲や眼囲などの発赤・水泡や身体の赤みが特徴的です。
乳幼児の薬疹としばしば勘違いされることがありますが「皮膚を触ると痛がる」などの症状を聴取できれば診断は難しくありません。
当疾患と診断された場合は基本的に入院加療が必要です。

しもやけ

皆さんも御存知の通り11月~3月頃に指先が痛痒くなる疾患です。
手・足いずれの指にも発症し複数の指にまたがることもしばしばです。多くの場合ビタミンEの内服や外用にて対処可能ですがこれらが無効な場合には膠原病や閉塞性動脈硬化症などの血管疾患も考慮しなければなりません。
冬場に指先の違和感を感じる場合は皮膚科を受診することをお薦めいたします。

  • 初診の方で 診察の事前申込をご希望される方はこちら
  • ウイルス性イボ治療について ご希望の方はこちら
  • 皮膚科問診票 ※初診の方は記載してお持ち下さい
  • 生活習慣病外来問診票 ※初診の方は記載してお持ち下さい
  • いしいクリニック築地 ブログ
  • 患者の気持ち
  • 聖路加国際病院 医療連携クリニック
診療時間 日/祝
9:00~12:30(受付)
9:30~13:00(診療)
14:30~15:00(手術)
14:30~18:20(受付)
15:00~18:30(診療)
  • ※午後は14:30~15:00は手術対応、通常の診療は15:00~18:30となります。
  • ※内科は17:00まで診療となります。
  • 土曜は、9:30~14:30(受付)、10:00~15:00(診療)となります。
  • 休診日:水曜日・日曜日・祝日
 

いしいクリニック築地

ご予約・お問合せ TEL:03-3541-2141

  • ※手術と美容皮膚科領域に関する御相談は御予約が可能です。