ペインクリニック

ペインクリニックは「痛みの診断と治療」を専門とする診療科目です。ここで診断や治療を行う代表的な痛みとしては腰痛・坐骨神経痛、膝や肩の関節痛、首の変形からくる首~腕にかけての痛みなどがあります。
これらの辛い痛みを神経ブロック注射や関節内注射で治療していくのがペインクリニック外来です。
痛みの治療は日々進歩しており従来の鎮痛薬などでは十分に改善されない痛みも専門的な治療で最近は取り除くことが可能になってきました。適切な治療で痛みや生活の支障を軽減出来ることもありますのでまずはお気軽に御相談ください。

※ペインクリニックに関する診療は保険診療です。

神経ブロック治療

別名“ブロック注射”とも呼ばれます。
痛みを引き起こす原因となる部位に針を使って薬液を直接注入し痛みをコントロールする治療法です。針と聞くと痛いのでは?と思う方も多いと思いますがブロック注射にはいくつか種類がありほぼ痛みの無いものからそれなりに痛みを伴うものまでありますが当院の外来では施術時の痛みの為にブロック注射ができない方はほぼいらっしゃいませんのでご安心下さい。
「仕事や家庭の事情で安静にしていられない」など早期に痛みを緩和したい場合や内服薬を飲んでも効かない様な比較的強い痛みに神経ブロック療法は有効です。
当院でしばしば行われるのは腰部硬膜外ブロックや星状神経節ブロックで、その関節内注射も度々行われています。

このような症状でお困りの方に当科の受診をお勧めいたします

  • 肩や膝の関節痛
  • 腰痛・坐骨神経痛
  • 首の変形からくる首から上肢にかけての痛み
  • 他院や整骨院で治療しても痛みが和らがない方
  • 内臓が弱く鎮痛剤の内服が出来ない方

部位別疾患メニュー

痛みのある部位の疾患名をクリックして下さい。それぞれの疾患の特徴、治療方法をご覧いただけます。

筋肉・関節性の首の痛み、頚椎症、頸椎椎間板ヘルニア、慢性的な肩こり、交通事故後疼痛

頚椎症性神経根症
50代を超えた中高年者に多くみられます。首の骨の並びが加齢や骨粗鬆症によって不規則になり首のいずれかの箇所で神経が圧迫され痛みが出現する疾患です。神経圧迫の程度を評価するにはMRIが必須の検査になります。特徴的な症状は「首を反ると痛い」「首から肩甲骨周囲の違和感」「首から腕に電気が走るような痛み、しびれがある」などで程度によっては薬が無効な場合もしばしばです。その様な場合には当院では星状神経節ブロックと言われる神経ブロック療法を用いて痛みのコントロールに努め出来るだけ早期に日常生活に戻れるように支援いたします。
※星状神経節ブロックの詳細に関してはこちらを御覧ください。
頚椎椎間板ヘルニア
比較的若い方が頸部~腕の痛みを呈した場合に第一に考えられる疾患です。首の骨と骨の間にある椎間板という組織が後方に突出することで神経が圧迫される疾患です。神経圧迫の程度を評価するには頚椎症性神経根症と同様にMRIが必須の検査となります。症状は「軽い首の痛み」から「首から肩甲骨周囲の痛み」「寝るのも困難」「首から腕に電気が走るような痛みがあり箸が持てない」など著しい場合もあり、程度によっては日常生活や仕事に支障をきたす場合もしばしばです。その様な場合、当院では星状神経節ブロックと言われる神経ブロック療法を用いて痛みのコントロールに努め出来るだけ早期に日常生活に戻れるように支援いたします。
※硬膜外ブロックの詳細に関してはこちらを御覧ください。

肩・肩甲骨周辺

五十肩(肩関節周囲炎)
五十肩と言いますが年齢層は20代~80代までと広範囲です。髪結いの動作の制限、腕を上に上げられないなど何かしらの肩関節の運動制限や運動時の痛みを自覚する疾患です。症状が著しい場合は“フローゾンショルダー”と言って肩を動かすことがほぼ出来なくなる場合もあります。当院では痛みが強い場合や運動制限が著しい場合は肩関節注射を適宜施行しています。
石灰沈着性肩関節炎
起床後より“急な肩の激痛”を自覚したら本疾患の可能性があります。別名“偽痛風”と呼ばれており関節内の石灰が激痛の原因です。肩関節内注射がかなり有効な治療法ですがそれでも治まらない場合は少量のステロイドの内服を用いて加療いたします。
慢性的な肩こり
当院では鎮痛薬の内服、湿布などの外用薬の使用に適宜トリガーポイント注射を併用して治療を行っています。また難治性の肩こりに対しては自費治療となりますがボツリヌストキシンを用いた治療も行っております。

手技料 ¥5,000(施術は痛みの専門医である日本ペインクリニック学会認定医が行います。)
50単位 ¥20,000(アラガン社製) ¥14,000(韓国製)
※税別価格
※当院では症状に応じて50~100単位を注入しております。

腰・臀部

坐骨神経痛
坐骨神経とは腰から出てお尻を通って足の指先まで伸びる神経のことを言います。この神経の起始部、すなわち腰で何らかの疾患(日常良くあるのは椎間板ヘルニアや脊柱菅狭窄症ですが)が原因で神経が障害を受けることによりお尻から足の後ろ・外側にかけて生じる痛みやしびれを‘’坐骨神経痛‘’と言います。つまり坐骨神経痛は病名ではなく症状を表す言葉です。
坐骨神経痛は多くの場合、腰痛に引き続いて起こり先程少し記載したように坐骨神経痛を起こす原因疾患の主なものとしては脊柱菅狭窄症や椎間板ヘルニア、腰椎すべり症などがあります。
まとめますと症状は“坐骨神経痛”、坐骨神経痛を起こす原因疾患は“椎間板ヘルニア“や“脊柱管狭窄症“ということになります。
腰椎椎間板ヘルニア
比較的若い方が坐骨神経痛を呈した場合に第一に考えられる疾患です。背中の椎間板という組織が突出することで神経を圧迫することで坐骨神経痛が出現する疾患です。神経圧迫の程度を評価するには脊柱管狭窄症と同様にMRIが必須の検査となります。症状は「軽い腰痛」から「寝るのも困難」「座ることが出来ない」「痛みの為に歩き方が不自然」など著しい場合もあり、症状の程度によっては薬が無効な場合もしばしばです。その様な場合には腰部硬膜外ブロックと言われる神経ブロック療法を用いて痛みのコントロールに努め出来るだけ早期に日常生活に戻れるように支援いたします。
※硬膜外ブロックの詳細に関してはこちらを御覧ください。
脊柱菅狭窄症
50代を超えた中高年者に多くみられます。背中の骨の並びが加齢や骨粗鬆症によって不規則になり腰のいずれかの部位で坐骨神経を圧迫することで痛み(坐骨神経痛)が出現する疾患です。神経圧迫の程度を評価するにはMRIが必須の検査になります。特徴的な症状は「腰を反ると痛い」「軽い腰痛」から「10m程度しか歩けない」「歩くと腰から足に電気が走るような痛みがでる」「寝返りが出来ない」など著しい場合もあり、症状の程度によっては薬が無効な場合もしばしばです。その様な場合には腰部硬膜外ブロックと言われる神経ブロック療法を用いて痛みのコントロールに努め出来るだけ早期に日常生活に戻れるように支援いたします。
※硬膜外ブロックの詳細に関してはこちらを御覧ください。
腰椎すべり症
背中の骨の一つである腰椎が正しい位置より前後に位置することで神経が圧迫され坐骨神経痛が出現する疾患です。程度を評価するにはMRIが必須の検査でしょう。当院では安静、鎮痛薬の内服、湿布などの外用薬の使用で症状の改善が不十分な場合は硬膜外ブロック療法を提案しています。
※硬膜外ブロックの詳細に関してはこちらを御覧ください。
ぎっくり腰
急な動作により椎間関節という腰の関節に負担がかかり発症すると考えられています。丁寧な診察で診断可能な疾患でレントゲンやMRI検査では異常は見られません。程度は軽症からかなりつらい状態まであり、起き上がるのも一苦労という患者さんもおられます。内服薬や湿布、マッサージが無効な例もしばしばでその様な場合には硬膜外ブロックが大変効果的な治療法となり得ますのでご相談頂ければと思います。
筋肉もしくは関節性の腰痛
特定の部位をグッと押す、腰を捻るなどで痛みが増強するのが特徴的な疾患です。急性期であれば8割程度の方は安静、鎮痛薬の内服、湿布などの外用薬の使用で1~2週間で良くなります。当院では急性期の著しい痛み、慢性の痛みに対しては適宜トリガーポイント注射を行っています。

変形性膝関節症
加齢性もしくは体形的に膝軟骨がすり減ることで痛みが生じる疾患でしばしば半月板の損傷を伴います。正座がしづらいもしくは出来ない方、階段の昇降や歩行で膝が痛くなる方、足がO脚傾向な方は要注意です。
また膝の痛みがあるにもかかわらず散歩やウォーキングをしている方がいらっしゃいますがお勧めできません。膝の痛みがある時は膝に負担がかかる運動は避けることが大事です。
当院ではまず診察所見にレントゲンやMRI検査の所見を併せ痛みの原因部位を特定した後に適切な治療を提案いたします。
具体的には痛いながらも日常生活が出来ている方の治療は一時的な安静、内服、特定部位の筋力強化訓練、膝関節注射を組み合わせて行っています。ゴミ捨てや洗濯ものが干せないなど日常生活作業が困難な方には手術をお勧めいたします。
半月板損傷
半月板損傷は診察所見とMRIで診断いたします。レントゲンではわかりません。損傷には完全に切れている場合と傷がついている場合の2通りがあります。完全に切れている場合は手術を要する様に思われるかもしれませんが手術が必要なのは2割程度で残りの8割は一時的な安静、内服、筋力強化訓練、膝関節注射で対応が可能な印象です。
傷のみの場合は安静、内服、筋力強化訓練、膝関節注射で対応が可能です。変形性膝関節症と同様、膝の痛みがある時は膝に負担がかかるウォーキングや散歩などは避けることが大事です。

代表的なブロック注射の種類、特徴、施術時間、適応疾患、費用

  • 硬膜外ブロック
    痛みを引き起こす原因と考えられる神経の近くまで針を進め薬液を注入します。ポイントは“神経の近くまで”というところです。
    決して神経に針を刺す治療では無いのでご安心を。具体的には神経の手前に硬膜外腔という空間がありそこに薬を注入し神経まで薬を浸潤させる治療方法なのです。
    腰の部位に行う腰部硬膜外ブロック、お尻の部位に行う仙骨硬膜外ブロックなど施術部位によりいくつか種類がありますが坐骨神経痛の原因となる腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症を治療する場合は効果の面から”腰部”硬膜外ブロックが最良だと思われます。
    一般的に施術は5~10分で終了しその後約30分の安静が必要です。主にぎっくり腰などの急性腰痛や坐骨神経痛の原因となる腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症に有効です。
  • 星状神経節ブロック
    首の前面には薬液を注入することで顔から後頚部、腕の血流を増やすことが可能なポイントがあります。その部位に針を使って薬液を注入し頸椎症や頸椎ヘルニアで傷んだ神経や筋肉への血流を増やすことで痛みを和らげるのがこのブロックとなります。このブロックのポイントは”ピンポイントに薬を注入すること”です。狙った箇所に薬を注入出来ると顔から腕にかけての温感を感じていただけることがしばしばです。
    主に頸椎症や頸椎ヘルニア由来の首や腕の痛み・しびれに有効です。施術は約2分で終了しその後約20分の安静が必要です。
  • トリガーポイント注射
    圧痛点(押されて痛む場所)の筋膜直下に薬液を注入します。施術は一箇所10~20秒で終了します。手技が比較的容易なこともあり整形外科などでも日常的に行われています。主に首や腰の筋肉や筋膜由来の軽度な痛みに有効です。
  • 関節内注射
    膝や肩の関節内には関節の動きをスムーズにしたりクッションのように衝撃を緩和したりする関節液という成分があります。局所麻酔&少量の抗炎症剤もしくはヒアルロン酸を関節内に注入することで関節液の働きを正常の状態に近づけ膝や肩の痛みを軽減するのがこの施術です。施術は約10~20秒で終了します。変形性膝関節症や肩関節症に対してしばしば行われます。

安全性

ブロック注射は大変デリケートな施術な為、細心の注意を払って行いますがそれでも残念ながら偶発症や合併症のリスクをゼロにすることは出来ません。
発症頻度はごく僅かですがそれぞれのブロック注射で考えられるリスクを説明後、納得して頂いたうえで施術を行っていきます。

費用

保険診療となります。
3割負担の方の場合

硬膜外ブロック 約2,400円
星状神経節ブロック 約1,000円
トリガーポイント注射 約240円
(膝や肩の)関節内注射 約1,000円

治療に関するよくある質問

ペインクリニックを受診したいのですが予約制ですか?

必須というわけではありませんが予約優先で行っておりますのでご希望の日時をお電話でお伝え下さい。

ペインクリニック領域の診療は健康保険が使えますか?

肩こりに対するボトックス注射以外は全て保険診療となります。

関節痛や腰痛の原因を知りたいのですが診て貰うことは可能ですか?

診察と画像所見から痛みの原因部位や病名を可能な限りはっきりさせた後に状態に合わせた治療法を提案しています。

他院で手術を進められているのですが手術以外の選択肢を探してます。

症状と画像所見を拝見し他の治療法があるようでしたら提案させて頂きます。その際、以前撮影した病変部の画像をお持ちでしたらご持参下さい。

どんな状態の時にブロック注射を活用したら良いですか?

とりあえず早く痛みをとりたい時、薬を飲んでも十分痛みが取れない時、慢性的な痛みが強くなってきた時などが挙げられると思います

ブロック注射はどんな疾患に有効ですか?
  • 硬膜外ブロック:腰痛や坐骨神経痛
  • 星状神経節ブロック:首や肩~腕の痛み、しびれ
  • 肩甲上神経ブロック:五十肩
  • 関節内注射:肩関節や膝関節由来の痛み
  • トリガーポイント注射:筋肉や筋膜由来の首や腰の痛み
  • 腱鞘内ブロック:ばね指、手根管症候群、足根管症候群
ブロック注射を受けられない人はいますか?

抗凝固剤や抗血栓薬の様な血をさらさらさせる薬を内服している方は硬膜外ブロック、星状神経節ブロックは受けられません。

膝に溜まった水を抜くことは可能ですか?

可能です。同時に水が溜まっている原因が不明な場合は精査していきます。

診療時間 日/祝
午前
受付 9:15~12:30
(9:30診療開始)
午後
受付 14:45~18:20
(15:00診療開始)
皮膚科
内科
ペインクリニック
  • 休診日:水曜日・日曜日・祝日
  • 土曜は受付時間が9:45~14:50、診療は10:00~となります。

いしいクリニック築地

ご予約・お問合せ TEL:03-3541-2141

  • ※手術と美容皮膚科、ペインクリニック領域に関する御相談は予約が可能です。